正しい洗顔方法が美肌をつくる!?あなたのその洗顔方法は本当にあっていますか?

あなたはいつもの洗顔を適当に終わらせてしまってはいませんか?
もしそうならば、今一度洗顔方法を見直しましょう。

今回は、間違った洗顔が肌に与えるダメージと正しい洗顔方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

間違った洗顔があなたの肌を悪化させてしまう理由とは

今日はメイクをしなかったから、今日は一日家にいたから、という理由で洗顔をしなかったり簡単に済ませてしまうと汚れが蓄積し、それが原因となり黒ずみや肌荒れ、ニキビの原因になってしまいます。

空気中にはホコリや花粉がたくさん舞っていて肌に付着します。また毎日肌のターンオーバーで古くなった角質が肌の表面に出てきたり、皮脂が出ているため、清潔にしてあげなければ美肌を目指すことは難しいでしょう。

洗顔を行う過程で毛穴に詰まった老廃物をしっかり除去してあげなければ、その後に行うスキンケアもほとんど意味はありません。

美肌を目指したいならば、まずは正しい洗顔方法がポイントになってきます。

正しい洗顔方法とポイント

 

泡だてネットなどを使用し、洗顔料をたっぷり泡だてて優しく洗うことが美肌をつくるコツです。メイクをしている場合はメイクを丁寧に優しく落としてから洗顔を行います。

  1. 泡だてネットを水で濡らし、洗顔料をたっぷり泡だてます。
    きめ細かな泡ほど毛穴に入り込み、詰まっている汚れをかき出してくれます。
  2. たっぷりの泡を、顔に優しく押し当てます。泡に汚れを吸着させるイメージで行いましょう。
  3. 小鼻やこめかみなどの細かいところは、指を使って優しくくるくる回しながら洗っていきます。隅々まで洗います。中指と薬指を使うと力が入らずに行えます。
  4. 水で洗い残しのないようにしっかり洗い流しましょう。洗い残しは敏感肌を招いてしまう恐れがあります。
  5. 清潔な乾いた柔らかいタオルで水分を吸い取ります。ここで力任せにゴシゴシと拭いてしまうと黒ずみや傷を作ってしまう原因になります。

これが正しい洗顔方法です。力任せにゴシゴシと洗ってしまうと手と肌の間に摩擦が起きて肌にダメージになってしまったり、傷がついてしまったり乾燥を招いてしまう可能性があるので、優しく優しく丁寧に行いましょう。

美肌を目指すにはスキンケアも大切ですが、その前に行う洗顔がとても重要です。

毛穴の汚れをかき出すスクラブ入りのものもありますが、汚れを除去したいが故にゴシゴシ力を入れてしまっては、ただ肌を傷つけているだけで美肌を目指すことは難しいので力加減には十分気をつけるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

朝はバタバタしがちで洗顔に時間が取れない!という場合は、1日の終わりの洗顔はしっかり丁寧に行い、寝ている間に起こるターンオーバーをスムーズにしてあげることが美肌をつくるポイントです。

汚れたままの肌は翌日のメイクのりも悪くしてしまう事もあるので、正しい洗顔方法を身につけ、肌に悩まされない快適な日々を過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です