美肌に繋がる万能ドリンク緑茶の効果とオススメの使用法

私たちに馴染みのあるお茶といえば「緑茶」!緑茶といえば健康に良いというイメージがありますが、美肌にも効果的なのはご存知ですか?

今回は、そんな緑茶の美肌効果や、実際にどう使用したら効果を得られるのか、詳しく解説していきます!

緑茶の効果とは

緑茶にはカテキンと美肌に欠かせないビタミンCが豊富に含まれています。
ビタミンCは80℃の温度でも壊れないほど強く、果物に比べると緑茶は常温での保存にも適しているので、かなりオススメの美容アイテム!

また、シミやそばかすの原因となるメラニン色素を抑制する効果もあるので、紫外線が気になる時期は、日頃から飲んでおくと安心♪
緑茶ならコンビニでも買えますし、価格の安さも魅力です。

緑茶を飲んでアンチエイジング!

緑茶の渋みを引き出している成分「カテキン」は、「緑茶ポリフェノール」ともいわれ、アンチエイジング効果があります。

季節の温度変化や紫外線、ストレスなどで、私たちの知らないうちに肌には多くの負担がかかり、肌の老化に繋がる活性酸素が蓄積していきます。

日頃から緑茶を飲むことで、肌ストレスを軽減して、アンチエイジング効果でシワやたるみを改善!若々しく透明感のある美肌へ近づけてくれます。

緑茶は80℃でもビタミンが壊れないので、冷え症の方は温めた緑茶をゆっくり飲んでみてください。心身ともにリラックスできますよ♪

洗顔・化粧水・パックに使うのも美肌効果あり!

緑茶=飲むというイメージがありますが、洗顔用や化粧水、緑茶パックとして使うのも、実は美肌効果が高いことが分かっているのです。

緑茶には殺菌作用があるカテキンが含まれているので、ニキビ予防にもなりますし、メラニン色素も抑制してくれるので、より透明感のある美肌へと近づくことができます。

それでは、具体的にどのように洗顔や化粧水、パックのスキンケアをするのが効果的なのでしょうか。順番に解説していきます!

~緑茶洗顔~

■材料…緑茶(冷ましたもの)
■作り方

  1.  緑茶を淹れた後、まずはしっかりと冷ます。
  2.  クレンジング→洗顔をする。
  3.  冷ました緑茶で、顔を優しく洗っていく。
  4.  洗顔後はタオルで拭きとらずにそのまま自然乾燥。

~緑茶化粧水~

■材料…緑茶200ml / グリセリン(数滴) / エタノール(10ml)
■作り方

  1. 緑茶を200ml淹れる。
  2. エタノールとグリセリンをしっかりと混ぜ合わせる。
  3. [①と②]を良く混ぜ合わせ、冷蔵庫に入れて冷やす。
    ※緑茶化粧水はなるべく早めに使い切りましょう。

~緑茶パック~

■材料…緑茶の粉末か葉 / 小麦粉 / 水
■作り方

  1. 茶葉をすり鉢などで細かく粉砕する。粉末タイプはそのまま使用♪緑茶の出がらしを乾燥させたものを粉末状にしても良いです。
  2. 小麦粉は茶葉の2倍使用します。茶葉としっかり混ぜ合わせる。
  3. 水を少しずつ混ぜて練り具合を調整する。(ポタポタと下に垂れない程度)
  4. パックを肌に伸ばし、5~10分後にしっかりと洗い流す。
    ※パックは目や口周りには使用しないようにしましょう。

Youtubeにも緑茶パックの作り方動画がたくさんアップされています。ご参考までにどうぞ!

 

まとめ

美肌効果に繋がる万能ドリンクの緑茶。飲むだけでアンチエイジング効果が期待できるだけではなく、緑茶洗顔・化粧水・パックとして使用すると、ニキビ対策、シミやそばかすの予防にもなり、美肌へと近づけます♪毎日の美容対策に、緑茶をぜひ取り入れてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です