美肌になりたいならば洗顔は石鹸を使うべき?その理由とは?

洗顔にも泡タイプ・チューブタイプ・固形石鹸タイプとありますが、より美肌を目指せるのが固形石鹸タイプの洗顔だといわれています。

今回は、洗顔をする際に石鹸を使うメリットや使い方などをご紹介して行きますので、ぜひ参考にしてみてください。

石鹸の効果とメリット

石鹸は洗顔フォームと比較すると泡立ちにくく、泡だったとしてもきめの細かさはだいぶ違ってきます。

石鹸を泡立てる時は洗顔ネットなどを利用することでよりきめ細かな泡を作ることができ、きめ細かな泡ほど毛穴に入りやすいので、毛穴に詰まっている汚れをしっかり洗い流すことができます。

また石鹸には脂肪酸とグリセリンが配合されているため保湿効果を得ることができ、このように肌の不要な汚れを吸着し、適度な潤いを残してくれる洗顔石鹸を使い続けることで美肌を目指すことが期待できます。

「なら、保湿成分が配合されている洗顔フォームでも良いのでは?」
と思われる方もいるでしょう。

確かに保湿成分のある洗顔フォームを利用すると洗い上がりがつっぱらないこともありますが、やはり石鹸と比較すると石鹸の方がツッパリが少なく、さっぱりとしつつも適度な潤いが残り、肌のトーンアップや皮脂を適度に残してくれるため、皮脂の過剰分泌や脂浮きを防ぐことができます。

皮脂を除去しすぎるとどうなる?

一般的な洗顔フォームやスクラブ入りの洗顔フォームなどで洗い過ぎてしまうと必要な皮脂まで洗い落としてしまう原因になります。

皮脂を除去しすぎてしまうと、肌が乾燥から守ろうと皮脂を過剰に分泌させます。

過剰に分泌された皮脂を除去しようとあぶらとり紙を使っても、その肌の働きは止まらないケースもあります。

洗顔が原因で皮脂のが除去されすぎる、肌が自己防衛のために皮脂を過剰分泌させる、それをあぶらとり紙などで除去する、肌はまた乾燥から守ろうと皮脂を過剰に分泌される、という悪循環を防ぐためにも洗顔石鹸を使うことをお勧めします。

洗顔石鹸の使い方

  1. 顔をぬるま湯で濡らしたら石鹸を水で濡らした後に泡だてネットを使ってもっちりの泡を作ります。
  2. きめ細かな泡を肌の汚れを吸着させるイメージで優しく押し当てます。
  3. 洗い終わったらぬるま湯でしっかり洗い流します。
  4. 柔らかい清潔なタオルで水分を吸い取ります。

洗顔をする前は、メイクはしっかり落としてから行いましょう。

もっちりの泡を作ることで肌と手の摩擦を防ぐことができます。

石鹸を保管する際に石鹸置きを使用する場合は、細菌が繁殖しないように石鹸置きをこまめに洗うようにしましょう。

まとめ

たくさんの種類の洗顔が販売されていますが、昔からある石鹸には美肌を叶える効果があります。

未だに石鹸が店頭に並び続けるのには、やはりその効果があるからなのではないでしょうか。

肌トラブルに悩み、美肌になりたいと思っているのならばぜひ石鹸の使用をご検討くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です