美肌について知る

-美肌について知る-

美肌とはそもそも何か?「どんな肌が美肌なのか」「美肌になるにはNGなこと」など美肌について分かりやすく解説していきます。

美肌とはどんな肌?

  • みずみずしい肌

みずみずしい肌というのは角層の状態がよく、水分が十分に保たれている状態です。

特徴としては目で見るときめがそろっていて、手で触れると、しっとりしたやわらかさがある状態です。

みずみずしい肌になるには..

  • 化粧水や乳液をたっぷり塗ってパック
  • キメ細かい泡で洗顔
  • 十分な睡眠
  • 血色が良く、透明感がある

透明感のある肌というのは肌の生まれ変わりが順調で角層の重層化がなくメラニン代謝も、血液循環も良好な状態。

特徴としては目で見ると、くすみがなく、肌色が明るく透明感がある状態です。

透明感のある肌になるには..

  • 古い角質を取り除く
  • 紫外線対策をしっかりとする
  • 艶出しファンデーションを使用する
  • 肌にハリと弾力がある

肌にハリと弾力があるというのは肌内部の働きが良好で、コラーゲンなどが十分に生みだされている状態です。

特徴としては目で見ると、しわやたるみがなく、手で触れると弾むような手触りです。

肌にハリと弾力がある肌になるには..

  • 加湿器などで乾燥対策をしっかりとする
  • 洗顔後(入浴後)すぐに化粧水を使う
  • コラーゲンの摂取を意識する

美肌とはどんな肌?

  • クレンジングをしすぎる

過度なクレンジングは、かえって肌を傷めます。特にごしごしと力を入れて落とす等、肌に負担をかけて、潤いをなくしてしまうのです。そうなると、美肌は遠いものとなってしまうでしょう。そうならないためには、クレンジングは優しくマッサージするように気を付けたいものです。

肌のために化粧をしっかり落とそうとしてやりすぎてしまうという人は多いです。そんなに力をいれなくても、化粧は落ちますから、過度なクレンジングに気を付けましょう。

  • 日焼け止めだけで紫外線をカットする

日焼け止めだけでの紫外線カットはよくありません。このようなカットの仕方では、美肌とはほど遠いものになってしまうでしょう。日焼け止めの上には、粉白粉かファンデーションを塗らないと完璧な日焼け止めにはならないからです。ガードが甘いという事でしょう。また、日焼け止めも、ものによっては刺激が強く、肌に負担をかける成分のものがありますから、肌が弱い人は、ノンケミカル処方やオーガニック処方のものを選ぶと良いでしょう。

  • 過剰なスキンケア

何事もやりすぎるというのは、良くありません。スキンケアもそうです。美容液やらローションやらを沢山つけて、あらゆる種類のパックを試してなどとやっていると、かえって、肌にダメージを与えてしまうかもしれません。というのも、化粧品は合うものもあれば、合わないものもあるのです。

過剰なスキンケアをして、肌に合わないような化粧品を使ってしまうかもしれません。そのようなことになったら、大変なこと。美肌以前の問題です。成分等をよく確認し、過剰なことはしないようにしましょう。

-美肌について知る-

美肌とはそもそも何か?「美肌の基準」「どんな肌が美肌なのか」など
美肌について分かりやすく解説していきます。

-美肌を手に入れる-

美肌を手に入れるにはどうすればよいのかという点にスポットを当て、「美肌になれるコスメ」「美肌を手に入れる手順」などを紹介します。

-美容のお役立ち情報-

365日24時間美容のことだけを考えている管理人が自信を持っておすすめするコスメを紹介します。-美肌を手に入れる-ページと一緒に是非、活用してください。
※随時更新していきます。